あこがれのサイドカーライフ、3型カタナとともに

サイドカー記事を中心に、その他関心ごとをつづります

Oゲージの機関車、米国製DLを購入する。

日本製Oゲージ(OJゲージ)の機関車は最低でも50万円と
愕然とする価格、さらに中古となると希少品となり
プレミアムが付いたりしてムリ・・・

手が出るのはさかんな欧米製品となる。



どこにも出かけられないので、ちょこっと鉄道模型・・・



DSCF6489


箱は古いが新品のDL

が、しかし欧米では圧倒的に
3線式なので2線式のレールに乗せるとショートしてしまう。


Dscf6500


中央のローラーから集電する仕組み


Dscf6502


バラして、動輪をはずそうとしたが
失敗する。


DSCF6493

痛々しい姿になってしまった。


Dscf6494


サンダーで車輪を削って、外す。
車軸もゆがんでしまった。


Dscf6502


なんとかして、車輪を絶縁し
走行を実現したい。

東武佐野線
雨で橋脚が流失し、不通

とのことで視察する。


Dscf6479


葛生駅は、運転再開に向け作業中だった。
レールのサビ取り作業か・・・

特急もいて、活気?がある


Dscf6483


一見して橋脚は無事だった。

DSCF6482


土のうが積んであったりで

橋脚を支える部分が流失したのか


Dscf6486


クレーンなどが作業している
イメージだったが、幸い
大事には至ってなかった。

バイク(サイドカー)の再開から
遅れること10年以上
時がながれ

鉄道模型を再開することに・・・


Dscf5855

写真は、ヤフオクで購入した
Oゲージの台車

ほぼ全部、プラで
米国製。


Dscf5854

これを日本のOゲージ、OJに改軌する。

かなり線路幅が違う
32ミリ→24ミリ(上から下へ)

Dscf5858




















改軌とともに、なんとも言えない?
フランジを削る。


レールも無いし
Oゲージはやったことないので
どうかわからない

jfadskflkajdflkasj

OJゲージのレールは
直線が1万円、カーブが2万円前後
注文生産らしい。(上写真はクマタ貿易のレール HPから)

これまでのメーカーが廃業とのことで
入手困難を、後から知る。



↑このページのトップヘ